ブログトップ

Point de fil

pointdefil.exblog.jp

可愛い微笑

b0328325_14373206.jpg


もう10月・・・早いものです・・・

そろそろ夏の疲れもとれたころでしょうか。


外出先で赤ちゃんをだっこしたおしゃれなママがいました。
ちっちゃなひとみに見つめられて、ついついあやしてしまいました。
にこにことほんとにかわいい女の子。
3か月とのこと。
ママもそっくりな瞳でにっこりと・・・
微笑ましい思いになりました。

私にもこんな時があったなと育児に夢中だった頃がなつかしくなりました。

我が家にも将来、こんなかわいい微笑みに恵まれることがあるのかどうか・・・

と!これはもう孫思い?
おばあちゃんの心境ってこんな感じなのかしら。

私の母はどうだったのでしょう・・・

近々母の誕生日。
ここで買った花形のブローチを気に入ってくれるかな。


’今’を想像することなんてできもしなかった娘時代に
よく ”ワタシ カワイイ オバアチャン二 ナルッ!”
と、云っていたらしい・・・

 
くやしいけれど
いつか必ず
‘可愛いおばあちゃん’ に
なりますよ~!
 

くらすこと にて

[PR]
# by pointdefil | 2014-10-03 15:17

壮大なヒラメキ!

b0328325_23255743.jpg
プリント地の模様に刺繍をしてみました。
無作為に4つほど、ピンクの糸はフィッシュボーン・S、金糸でステム・Sの縁取りをしてあります。
図案を写すのは結構手間がかかるるので、お気に入りのプリント地があったらその布地に直接刺してしまうのも一つの手です。

籐の持ち手をつけたバックに仕立てようと裁断しましたが、もう少し手を加えたくなって・・・

そうだ!北斗七星にしてみよう!
ピンクの星型をあと3つ急きょ刺し足すことにしました。
ん~ひしゃく形にするにはちょっと無理があるかな~

北斗七星を調べてみたら・・・

この星座は少しずつ形を変えていて20万年前は今のひしゃくの形ではないことを知りました。
20万年後も今とは全く違う形になるのだそうです。
今、見上げているキレイな形は奇跡。

7つの星のうち真ん中の5つの星は兄弟姉妹。
この星たちが時を経て離れ離れになっていくとのこと。

子供たちの成長と似ています。


さてあと3つの星をどこに刺しましょう。
いびつになってしまいますが、20万年前の形だと思えばいいかな。

20万年前といえばマンモスの時代よりも昔。
太古の北斗七星をバックにして持ち歩けば壮大なヒラメキができそうな気分?

永遠に変わらないものと思っていても変わり続けるのなら、
変わらないモノはなんでしょう・・・

ヘリクツ言ってないで、秋の行楽に間に合うように早く仕上げましょう。










[PR]
# by pointdefil | 2014-09-24 01:49

ローズマリーの香り

b0328325_18220192.jpg
b0328325_23190323.jpg


今日の夕方、空を見上げたらひと筋の長い尾を引いたひこうき雲。
空が高くなったような気がしました。
早いものでもう秋の気配。
かと思えば、その向こうにはそれは立派な入道雲、
大暴れした夏空の名残も健在です。

 
今年は梅雨から夏にかけてどうも調子が狂ってしまって
ついに寄る年波が押し寄せてきたかと気落ちしていましたが
やっと過ごしやすくなってほっとしています。

去年はお盆過ぎに仕事部屋の片付けに追われていましたが、
今年は今ごろ目処がついたところです。

隅っこから見落としていたものが出てきたり、それなりに
"お片付け"も楽しいものです。
ツヴァイガルトテープで作ったナプキンリングもその一つ。

使ってみようかなと思い立ちましたが息子達にナプキンは無縁。
他に使い道はないものかと・・・

2枚つなげればカバーになる?! 

ジャムの空きビン、紅茶の空きカンにかぶせれば
こんなカンジ?

食欲も減退していたので
早速空きビンに差した庭先のローズマリーを
今晩の食卓に加えたら、
良い香りに助けられて美味しくいただけました。

ハーブやスパイスってどうしても無くてはならないモノでは
ないけれど、あればとても有り難いモノ。

刺繍をしたモノも私にとっては・・・
そんなカンジ・・・








[PR]
# by pointdefil | 2014-09-16 23:52

この夏の お・も・い・で

b0328325_09021040.jpg

この時季、暦の上では ”処暑” といって一昔前はすでに涼風が吹き渡る頃とのこと。

本日も処暑どころか ”酷暑”!

蝉の音の賑々しい日々はいつまで続くのやら・・・


受験生と部活現役生がいる我が家はこの酷暑に耐えるのみです。

息子達の唯一の楽しみといえばご近所の公園での夏祭りくらいで、
縁日というほどの風情はなくても久しぶりに友人に会える年中行事です。


留守番役の私はといえば・・・
何もない夏もどうかと思うので
以前買い込んだ布地などを引っ張り出し、久しぶりの手仕事・・・

知人に贈る小さなトートバッグを二つ、色違いで作りました。

YとTのイニシャルは小花模様。


贈る相手の方を思い浮かべながら刺繍することが何よりの時間になります。

いつかきっとこの夏の出来事もこれまでのたいせつな思い出のひとつになるはず。


手仕事をしながら思う、そんなことが…この夏の思い出…かなと・・・


[PR]
# by pointdefil | 2014-08-23 09:53

ブレイクタイム

b0328325_18581256.jpg
A教室のHさんがハーダンガー刺繍に取り掛かられたので、私も久しぶりに復習することにしました。

練習用なので専用の布と糸でなく、ヤレ布にヤレ糸でいいや~と思って気を抜いて刺していたら案の定、途中で一目ずれているのに気づき・・・
とたんにやる気が失せてしまった次第です。

一目(繊維2本)なんて気にしなくていいんじゃない?とお思いでしょうが、目数を数える区限刺繍はそうはいきません。
すべてがずれてしまって後々とんでもないことになります。
フリーのステッチなら少々の刺し間違いはいくらでも修正がききますし'味'になりますが、今回はやっぱりやり直しです。



気を取り直すためにブレイクタイムにしました。

先日、妹が「ほっとしたいときにチョコレートドリンク飲んでね」と送ってくれたとっておきがあったので、
彼女が高校生の時に、私に買ってきてくれた益子焼のカップでほっとひと息。




間違いに気づいた時、どうするか・・・

怪我の功名ということもあるかもしれません。その先に正解があるのかもしれません。

でも・・・やはり間違えたら気づいた時に正すべきと思います。
大ごとになる前に・・・

やり直すことは自らの過ちを認めなければならないような苦い思いもありますし、勇気がいるものです。
でも間違いを改めながら同じ道をなぞることは決して後ろ向きなことではなく、きっとその途中には進歩も成果も新しい発見も隠れているでしょう。

決して間違えたことをとがめる訳ではありません。

間違えない人なんてどこにもいないのですから。。
よく間違える人の方が、物事の幾通りをも知る幅の広い味のある人かもしれませんね。


少し大げさな話をすれば今の世の中の流れ、特にこれからの女性の行く先に不安を感じます。 
どこかで何か間違えてきたような・・・
 
労働即戦力の穴埋めと少子化の懸念とを同時に論じる矛盾はどうするのでしょう…?



さてと!  ホットチョコのおかげで目数を数えなおす元気が出ました。
チョコ美味しかった。ありがとね。

このハーダンガー刺繍、出来上がったら、お礼に妹にあげようかな・・・
練習用というのは内緒でね。。











[PR]
# by pointdefil | 2014-06-10 20:07 | 刺繍